【★復活希望No.1ブラウザゲーム★】【クリスタルコンクエスト】
忍者ブログ

07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

02.15.20:56

りんぐをみる。クリスタルコンクエスト

the Load of the Ringsの3部作が一挙に放映ごっこされていたので

傍で仕事をしながらずーっとみていました。

まともに見るのは2年ぶりくらいだと思います。



ふう


何度見ても同じ場面で涙が出てきてしまう;q;

んで

年を増やすごとに人生経験が増えていて、人情の裏側を考えるだけで涙腺が決壊して目からイオンウォーターが流れに流れる。

エルム峡谷にエオメルが軍勢を引き連れてギリギリの所でセオデン王を救えた場面。もうだめだと思った時に仲間に全てを救われるっていいですね。涙でないわけない。

Minas Tirithが陥落寸前に、場内でGandalfがRohanの角笛の音を聞いた時の、あの中にいた絶望に陥っていた士気が一気に希望に回復しただろうと思うと。

セオデンさんの鼓舞と、全体での「death」の叫び。

いないと思ってたあの人が実は自分を救ってくれていたとは。

4人がホビット庄に戻るんだけど、4人以外は何も知らないんだよね。彼らがどんだけデカい事をしてきたのか。んで、4人で飲みに行くんだけど終始無言で。周りが普段のままで安心しているんでしょーかね。

最後のサヨウナラのシーンなんて、両親がいたから涙ダムのバリケードを本気で守備してました。じゃなきゃもういつも通りの大雨洪水警報ですよ。



ホント、素晴らしいファンタジーで。この先何年も見返して感動させられるんだろうな。



その点



クリスタルナントカポンクレストとかいうゲームがあったんですが、

ああところで

2013年のWebmoneyアワードはしっかりと逃したようですが。




同じファンタジーの端の端の端くれの端っことして

あの映画の100ぶんの1でいいから感動させてくれないかと。





結局クリポンで感動する時なんて

・これ使って!なんて昔よく譲りっ子ごっこしていた時。しかも突然だとすごいびっくりで、自分の装備とかスキルを見ていてくれたんだと思って感動する。

・自分が数名にねこだまとかスタンとかシグナル地獄でいじめられているときに、たけひこ王が後ろからイカズチのように現れ、相手を駆逐して救ってくれた時。とか、Rogueちゃんが必死のケアルをしてくれた時とか。


結局運営からはなんの感動も貰ってない気がする^q^


たしかに


クリコンに初めて訪れた時の感想は覚えてる。


当時はYahooクソゲーというゲームサイトに溢れている、ブラウザクソゲー達。

そんなダメダメゲームとは一線も二線も画する素晴らしい音楽とオープニングムービー。

それはそれは今までに見たことも感じたこともないゲームが、この先に待っているのだと感動の先取りをしていました。

一度久しぶりにじっくりと音楽を聞いてみてください。普段みんなクリック連打でしょあそこ。


これがあたくしの初めてのクリコン記事です。
昔の日記


当時はスクエニ直轄でしたからね。


さてと自由時間。何をしよっかな^q^b






PR

いとしいしと…!

Load of the Rings良いですよね!
何故か一作目(旅の仲間)だけ、限定版のDVD持ってます。

私のイチオシはボロミアさんです。
人間らしい心の弱さと、最後に誘惑に打ち勝つ姿は心に迫るものがあります。
こういう役回りに共感できる歳になったということでしょうか。

ちなみに、つい最近Hobitを借りて見てみました。
ドワーフ王子がイケメン過ぎてたまりません!
原作も読んで見ようかなー。

  • 2014年02月17日月
  • 佐助のほにゃらら形見
  • 編集

ぼろみあふぁらみあ

いいですね、第一作目の限定版。やっぱり戦う男の我々ですから第2,3作の派手さに目が言ってしまいますが、物語の序盤、どのようにカオティックな世界が作られたのか、今回初めてじっくり見たので色々と腑に落ちました。

ボロミアさん。素敵な役回りでしたよね。高い地位にいる人ほど大きく求められてしまうので、誘惑も強いんでしょうね。角笛を吹いて敵をおびき寄せるところにダムが決壊しそうでした。

Hobit,見たいリストに入れようと思います。自ら映画を探すタイプではないので、名前を残しておいてくれてホント感謝ですさすけさん^q^

  • 2014年02月17日月
  • 修羅和泉
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら